『埼玉ゆかりの芸術家展』開催中!
 
      
現在開催中の展覧会
 
 埼玉ゆかりの芸術家 展
   大いなる日常を見つめる眼差し
 
     
 
会 期:2018年4月14日(土)~2018年9月2日(日)
 
 
開館時間:10:00~17:00
 
 
休館日:月曜日(4/30、7/16は開館し、5/1、7/17は休館)
 
     

寺井力三郎《利根川の夕日》 2003年 油彩・キャンバス 112.5×194.4cm

 
 

 
     

■ 展覧会概要

 

 開館から18年目を迎えるサトエ記念21世紀美術館では『埼玉ゆかりの芸術家展 ~大いなる日常を見つめる眼差し~』

を開催いたします。凡庸とされる日常の中から、芸術家たちは主題を探し、作品へと昇華させます。日々の生活や暮らしの

中から芸術は創造されるとしても過言では無いでしょう。本展では埼玉が育んだ画家たちの作品を当館コレクションを中心
に一堂に集め展示いたしますので、作品に息づく芸術家たちの「日常」を感じていただける機会となれば幸いです。
 
■ 展覧会概要

 

  斎藤豊作/跡見 泰/斎藤与里/田中 保/寺内萬治郎/奥瀬英三/奥森多加史/高田 誠/渡邉武夫
  斎藤三郎/相原求一朗/松永敏太郎/大野百樹/斎藤英一/川村親光/玉之内満雄/寺井力三郎
  黒沢信男/小松崎邦雄/塗師祥一郎/小川 游/青柳芳夫/青柳ナツエ/吉岡正人 (生年順・順不同)
 
 

                                                                
 
  ■ 出品作品紹介
 
       
 
 
 
 
       
 
 
 
 
  1段目左:奥瀬英三 《初夏信濃路》 油彩・キャンバス 50.0×60.8cm、1段目中:跡見 泰 《のこんの光と少女の習作》 1953年 油彩・キャンバス 50.0×65.6cm
  1段目右:田中 保 《若い男の肖像)》 1919-20年頃 油彩・ボード 88.4×75.8cm2段目:斎藤豊作 《 朝 》 1919年 油彩・キャンバス 64.8×160.8cm
  3段目左:小松崎邦雄 《おひる時》 1965年 油彩・キャンバス 90.9×116.2cm、3段目中:吉岡正人《 旅 》 1994年 油彩・キャンバス 129.3×162.0cm
 

3段目右:奥森多加史《春 昼》 1988年 油彩・キャンバス 161.6×92.3cm4段目:大野百樹《 藤 》 1975年 紙本着彩 170.8×215.5cm

 

※出品作品は都合により変更する場合がありますのでご了承ください。

      
 

Copyright(C)2018 SATOE MEMORIAL ART MUSEUM OF 21ST CENTURY All Right Resarved