こども美術展覧会 in KAZO 2019    
 
 
 
加須市教育研究会長賞
   
   
 
   
こま犬が見守るお堂
加須市立樋遣川小学校6年
秋山 璃子
 

○受賞者による作品解説・コメント  
 

作品に奥行きが出るための私の工夫》

 
      この絵を描くときに、私は見る人が奥行きを感じさせるように工夫しました。下書きの線を丁寧に描き、色を塗る時も筆の動かし方を考え、立体的に見えるように考えて描きました。
 古びた建物や苔むした狛犬を描くために、いろいろな色を使いました。建物は濃い部分と薄い部分を絵の具で塗り分けることで、建物が力強く浮き出るようにしました。
 また、一枚一枚の葉っぱを丁寧に色づけし、光が差しこんでいる様子を表現しました。
     
 
 

蛭間研究会長(右)と秋山璃子さん

 
  ○審査員による作品講評  
   静けさの中に凛とたたずむお堂、狛犬、背景の木々がバランス良く配置され、お堂を包む穏やかな雰囲気が上手に表現されています。狛犬の迫力のある表情も印象的です。茶色のコンテで輪郭線を描き、淡い水彩により丹念に色の調子を合わせて配色されているため、画面全体にまとまりのある作品となっており、加須の歴史を感じさせます。  
 

 

 
 
Copyright(C)2019 SATOE MEMORIAL ART MUSEUM OF 21ST CENTURY All Right Resarved