こども美術展覧会 in KAZO 2021    
 
 
 
加須市教育委員会教育長賞
   
   
 
   
にじ型遊園地

加須市立大越小学校3年

結田 伊乃里
 

○受賞者による作品解説・コメント  
 

《にじ型遊園地》

 
     この絵は、図工の「にじみ」の授業の時に描きました。「にじみ」から「にじ」を連想して、にじ型の遊園地を描くことを思いつきました。 にじに区切りを入れて、いろいろなもようや色をつけ、地面にもハートや星、クローバーなどのマークを描き、遊園地の楽しい様子を表現しました。 工夫したところは、いつもの絵の具の色だけではなく、自分だけの色をたくさん作ったところです。絵の具をまぜて色を作るのはとても楽しくて、きれいな色がたくさんできました。
 わたしはこの賞の受賞を聞いた時、とてもうれしかったです。これからも自分らしい絵を楽しく描いていきたいです。 ありがとうございました。
     
 
 

結田伊乃里さん

 
  ○審査員による作品講評  
 

 白い線と「にじみ」技法が効果的に使われており、色彩・色調の組合わせも大変に美しく、想像力豊かに遊園地の世界観を印象的に表現できている作品。同じ「にじみ」を繰り返さず、「にじ型遊園地」の各々の部屋を様々な色彩と模様を用いて丁寧に塗り分ける工夫が施されており、作者の創作への強い意欲に溢れている。「本当はこんな遊園地があったらいいのに」という作者の願望さえ感じられ、遊園地に遊ぶ子どもたちのはしゃぎ声が聞こえてくるようである。

 
     
 
Copyright(C)2021 SATOE MEMORIAL ART MUSEUM OF 21ST CENTURY All Right Resarved